仕事の流れと雇用条件一覧

在宅ワークデータ入力ならデータワーク24
在宅高収入ランキングへ戻る◀ > 仕事の流れと雇用条件一覧

仕事の流れと雇用条件一覧

仕事の流れなどは契約形態の違ってきますので、仕事をする業者に確認をしてみましょう。

○派遣会社タイプ 給料制

data04.gif

営業事務などの雇用契約で派遣会社に登録して必要に応じて色々な会社に出向します。
その場合の多くは月給制になるので入力業務以外の業務も兼ねる事もあります。


○アルバイトタイプ 時給制

短期募集が多いのが特徴で主に時給制で、1時間1000円など繁忙期の営業事務、伝票入力などが多いです。

○業務委託タイプ 月給、時給、出来高制

通常は自社内で終わらせる事ができる全部又は一部を、派遣会社、アルバイト、在宅ワーカーなどに代わりにやってもらうことが多いです。


○業務請負タイプ 出来高制
在宅ワークとして特定の仕事を完成させることを目的として自宅で独立して仕事をする形になります。この場合は自分で営業して仕事を取ってくる必要もあったり一定のスキルが必用になります。


『納期』について

業務委託や業務請負で納期がある場合が多く、例えば納期が20日と回答があったものについて、
遅くても一日前に終わらせておいたほうが良いでしょう。

業務委託だと、万が一納期に間に合いそうにない、絶対外せない用事がある、病気になった場合など、代わりの人がやってくれる場合がありますが、業務請負だと期限内の完成が絶対条件になるので在宅ワークで業務請負をする場合は綿密なスケジュール管理が必用です。

業務請負であれば、1件当たり10円で請負って、数量が多ければ売上があがり、委託であれば、月間委託料5万円など固定されてる場合もあります。


人材派遣でのデータ入力は単純に会社の社員と同じ扱いで籍は派遣会社にあるので派遣先から作業指示があり○○店へ9:00~17:00勤務で月曜から金曜まで1名とうのが派遣の特徴です。


請負の場合1ヶ月間の予算が10万円なのでこの予算で完成できますか?何人スタッフが稼働して何日稼働するかは任せますというのが請負パターンです。

雇用形態 フリーランスとは? 


フリーランスとは企業などに所属せずに働く雇用形態のことをいいます。デザイナー、作家などのクリエイティブな業種に多い雇用形態です。時間や場所を企業に拘束されない分自由ではありますが、実力主義で将来が保証されていませんので、自分のことは自分で責任を持つ必要があります。ただ、自分で働いた成果は自分の報酬として返ってくる雇用形態ですので、実力を発揮して活躍したいと願う人にはうってつけであるということができます。


雇用形態 SOHOとは?

SOHOとは(Small Office Home Office)の略称であり、新たな雇用形態(個人事業主扱い)として注目を集めています。一人から仕事を始める事が出来るので、会社やオフィスを持つ事が無い点や勤務時間を自分で決められる特徴があります。仕事道具は、モバイルタイプのサイズ小さめパソコンが主流となっており、それを使った記事作成やデータ入力などの内職・グラフィックデザイン・写真編集といった仕事を行っています。

雇用形態 契約社員とは?

契約社員は雇用形態の一種であり、有期労働契約と呼ばれる場合などもあります。一般的な正社員の雇用期間は原則として無期限ですが、契約社員の場合には労働契約において雇用期間が定められ、その雇用期間は最大で3年までに限られます。福利厚生は正社員に近いものが期待できますし、転勤が少なく特定の職場で働けるといったメリットがありますが、一方で賃金や昇給や賞与の有無などについては正社員よりも不利になることが多いようです。


雇用形態 家内労働者とは?

家内労働者とは工場・会社といった事業所に属するのではなく、自宅で仕事をする者の事を指し、世間一般的に内職(問屋から受注した製品加工等)・パソコン等のデバイスを使ったテレワークといった働き方があります。雇用形態は自営業に似ているので、自分が頑張った分の工賃や委託料が給料となります。自宅での仕事がメインと言える事から、乳幼児を育てながら仕事が出来る点や時間に捕らわれる事が苦手な人に向いている働き方と言えるでしょう。
雇用形態 個人事業主とは?
雇用形態のひとつである個人事業主とは、合同会社や株式会社などの法人を設立せずに個人で事業を営んでいるもののことを言います。一般的には家族経営や少数の従業員を抱える小規模な経営が多くみられますが、特に制限はないので大規模な企業を経営することもありえます。
自営業やフリーランスと言われることもありますが、これらの区分は法人を設立している場合にも使われます。自営業やフリーランスについては法人を設立していないものに限り個人事業主と言えます。


雇用形態 代理店とは?


代理店とは企業との間に契約を結び、商品の売買業務の代理を行い利益を得る会社のことを言います。企業が人件費と地域に支店を設けるコスト軽減のために利用します。保険代理店、旅行代理店などが主な例として挙げられます。代理店も多様化が進んでおり仕事がら業務は全国に広がっており正社員・契約社員・派遣社員が混在した雇用形態となっています。とくに契約社員・派遣社員の増加が見られます。勤務地は採用地に配属されるの基本となっていますが、転勤も多いです。

雇用形態 身体障害者の現状とは? 

障害者の中の一つである身体障害者が企業で雇用する現状を見ると、事務系の仕事が最も多い事が分かります。その次は研究・技術、何らかの専門的な職に就く傾向があり、続いて販売職と続くというのが主な状況です。
雇用形態を見ると期限を定めない正社員が約5割弱、非正規雇用の社員は約3割代の後半の順で大半を占めます。そして賃金の支払い形態は月給制が最多で、次いで時給制が多く日給制は僅かです。
企業によって身体障害者への捉え方は様々で、手厚いフォローをしてくれるところ等諸事情を汲んでくれる所もあります。

雇用形態 発達障害の現状とは?


発達障害の疑いがある従業員が増えているというのは全国的な傾向だといえます。特に、外見面では障害の有無が分かりにくいですので、健常者だと思って採用したら、発達障害の方だったということも少なくありません。発達障害の人はこだわりが強かったり、自分の意見を曲げられなかったりとコミュニケーション面で問題がある場合がありますので、営業職などの雇用形態で雇っている場合は適性に応じて、配置転換等を検討する必要があります。