在宅高収入ランキングへ戻る◀ > データ入力業務の適正検査

データ入力業務の適正検査

■合否に関係する2つの事例

ボーダーライン上のワーカーになろう

2.特に問題になる性格(極端な集中力低下など)を持つワーカー *適性テストはほとんどのワーカーにとっては心配ご無用です

■適性テストの種類

1.性格検査―性格の特徴を客観的につかむ 2.知能検査―基本的な能力を測定する 3.職業適性検査―どのような入力職に向いているかを判断する *向いていなくたって、やりたい気持ちが旺盛ならそれでいい

■適性テストの対策

•ごまかそうとすれば、それを見破る質問も隠されている •適性テストでいかにうまく答えても、実践で印象が違えば、見抜かれてしまう •適性テストは合否にほとんど関係ありません *嘘は他人をだませても自分はだませません

■技能検査

1、タイピングの速度、正確さなどを見ます。 2、文章理解と入力に関する一般テスト 3、半角英数、全角、英文の入力テスト 4、エクセルなどの表計算に関する問題 5、1つの案件にどれだけ柔軟に対応できるか?