在宅高収入ランキングへ戻る◀ > データ入力ニュース > 政府の「働き方改革」在宅副業の狙い

政府の「働き方改革」在宅副業の狙い

従来の日本では、会社員の在宅ワークや副業は禁止されているのが一般的でした。副業に時間や体力をかけることで疲労や集中力の低下が起こり、本業の仕事に差し障りが生じるという理由で、明確な規定がある企業はもちろん、ない企業においてもタブー視されていたといっても良いでしょう。

しかし、近年政府の主導する働き方改革において、副業は推進される存在へとなりつつあります。少子高齢化に伴って、日本の労働力人口は減少の一途をたどっています。

data124.gif

その解決法として、副業を解禁することで、優秀な人材が現在勤めている会社以外でも能力を発揮し、企業の生産性を向上させることが期待されているのです。会社員自身にとっても、他社で働くことによって自社では得られないスキルの獲得や向上にもつながる、との期待が寄せられています。また、終身雇用を前提とした日本型雇用制度から、流動的な就職市場への転換につながっていってほしいとの思惑も込められているといえるでしょう。

副業が解禁されても何からしたらいい?

いきなり副業っていっても経験した事も無い人も多いので何から取り組むかと考えたときにとりあえず大手のバイトサイトで募集してる副業からチャレンジしてみても良いでしょう。何故かというと簡単だし失敗がないから。人気なのはデータ入力などパソコンでできる仕事が注目されてます。

「9月のバイト求人サイトのランキングはこちら」


スポンサーリンク


関連記事

  1. 政府の「働き方改革」在宅副業の狙い
  2. ドコモ在宅ワークの「dジョブTM」が新規でサービス開始
  3. 安倍政権-在宅ワーカーを2020年までに10%以上にと発表
  4. 横浜ゴムが障がい者の在宅ワーク就労活動を開始
  5. トヨタ自動車は在宅勤務を導入することを発表
  6. ガイアの夜明け-文章タイピングの仕事