ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入

データ入力TOP > データ入力ニュース > ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入

ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入

「日本企業では、伝統的に"健康な成人男性"をイメージして就業規則が設けられてきたので、週5日、9時~5時で勤務することが"仕事ができる"ということと同義になってしまっている。だから『昼からしか出社できない自分はダメ社員なのかも......』みたいに思ってしまう人も出てきます。

data97.gifただ、これは会社に相談することで解決するケースも多い。時短勤務制度がないのは、これまで会社側にそういう発想がなかっただけの話で、ガンになった社員からの相談をキッカケに、新たにフレックス制や在宅ワークを導入した企業もあります。まずは人事に相談すべきですね」

アンケートでは、実に4人中3人が「治療を受けながら仕事を続けている」と回答。職場での苦労やトラブルも「特にない」がトップになるなど、治療と仕事の両立がもはやスタンダードとなっている傾向を窺わせる。

引用
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160924-01179703-sspa-soci

「今月のバイト求人サイトのランキングはこちら」


スポンサーリンク

関連記事

  1. ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入
  2. 子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」
  3. 安倍政権-在宅ワーカーを2020年までに10%以上にと発表
  4. 横浜ゴムが障がい者の在宅ワーク就労活動を開始
  5. トヨタ自動車は在宅勤務を導入することを発表
  6. 日本IBM、支払伝票の入力など経理業務を自動化
  7. ガイアの夜明け-文章タイピングの仕事
  8. クラウドソーシング「続けて利用したい」8割 市場拡大は確実か
  9. 数年後には日本で1800億円規模になると予想