在宅高収入ランキングへ戻る◀ > データ入力ニュース > 子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」

子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」

子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」など育児面でも社員をフォローしており、契約した労働時間を上限に在宅勤務の時間に充てられる。出産・育児を経ても女性が長く継続して働くことができると評判となり、現在、同社の全社員に占める女性の割合は30%を超えている。「性別に関係なく優秀な社員に長く働いてほしい」とする会社側の意図により、これらの制度は確立していった。

data95.gif■ 副業・兼業の容認
リクルートやヤフーをはじめ、多くのベンチャー企業は副業を認めている。ベンチャー企業には、自分もいずれ起業して独立したいという目標を持っている社員が一定数いる。彼らは会社に所属しながらもビジネスプランやサービスを考案し続けている状態だ。仕事内容に通ずるところがあれば、彼らの副業を認めることは現在の会社に好影響を与えることも十分にあり得る。

引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000011-konline-bus_all

「今月のバイト求人サイトのランキングはこちら」


スポンサーリンク

関連記事

  1. ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入
  2. 子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」
  3. 安倍政権-在宅ワーカーを2020年までに10%以上にと発表
  4. 横浜ゴムが障がい者の在宅ワーク就労活動を開始
  5. トヨタ自動車は在宅勤務を導入することを発表
  6. 日本IBM、支払伝票の入力など経理業務を自動化
  7. ガイアの夜明け-文章タイピングの仕事
  8. クラウドソーシング「続けて利用したい」8割 市場拡大は確実か
  9. 数年後には日本で1800億円規模になると予想