データ入力TOP > データ入力ニュース > 数年後には日本で1800億円規模になると予想

数年後には日本で1800億円規模になると予想

「クラウドソーシング」について語る、経済産業省の石井芳明・新規事業調整官の話も下記にあります。

インターネットの普及により、「ソーホー」「ノマドワーカー」など、さまざまな働き方が出てきている。そんななか、「クラウドソーシング」という言葉がなにかと話題だ。どのようなものかというと、「Crowd(群集)+Sourcing(業務委託)」を掛け合わせた言葉であり、「ネットで幅広く、企業などがさまざまな業務を委託する」というものだ。

 例えば、デザイナーやライター、プログラマーといった専門職に対して、これまで一般企業は直接取引することは少なかった。そもそも、誰に頼めばいいのかがわからないのだ。だが、クラウドソーシングを介せば、多くのデザイナーと取引が可能になる。仕事を請け負うデザイナー側にとっても、従来は広告代理店や印刷会社などを介さなければ、企業と接することはなく、直接取引をするチャンスはかなり限定されていた。だが、クラウドソーシングであれば、それが可能なのだ。

 その市場規模は、世界では2013年度で約2000億円と推計され、国内でも2014年度見込み値で408億円といわれている。さらに、数年後には世界で1兆円、日本でも1800億円規模になると予想されている。現在、クラウドソーシングで活発に受発注が行われているのは、デザインやライティング、プログラム、Webコーディングといったクリエイティブ系が多いが、今後はもっと広範な業務に広がる可能性が高い。守秘義務契約などが厳密に交わされればデータ入力、顧客データ管理と言った業務もクラウドソーシングに対応できる。

経済産業省・経済産業政策局新規産業室の石井芳明・新規事業調整官は、クラウドソーシングの可能性について、こう話す

「これまでの働き方は、"会社"を中心に成り立っていましたが、"人"を中心とした働き方を提供する手段としてクラウドソーシングは優れています。地方で埋もれている人材、出産や育児などによって会社で働きにくくなった人材を活用できる仕組みです。また、地域企業が、クラウドソーシングでデザインやIT活用といった不得意な分野を補えば、新たな成長も期待できる。企業誘致による従来型の地域振興ではなく、地方で働く場を育て、強い地域企業を育成するという意味で、クラウドソーシングに期待しています」
その一方で、石井氏は課題も口にする。

引用

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150508-00000010-sasahi-sci

「今月のバイト求人サイトのランキングはこちら」


スポンサーリンク

関連記事

  1. ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入
  2. 子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」
  3. 安倍政権-在宅ワーカーを2020年までに10%以上にと発表
  4. 横浜ゴムが障がい者の在宅ワーク就労活動を開始
  5. トヨタ自動車は在宅勤務を導入することを発表
  6. 日本IBM、支払伝票の入力など経理業務を自動化
  7. ガイアの夜明け-文章タイピングの仕事
  8. クラウドソーシング「続けて利用したい」8割 市場拡大は確実か
  9. 数年後には日本で1800億円規模になると予想