データ入力TOP > データ入力ニュース > 安倍政権-在宅ワーカーを2020年までに10%以上にと発表

安倍政権-在宅ワーカーを2020年までに10%以上にと発表

新しい働き方に3つの選択肢 在宅勤務・在宅ワーク・フリーランス

自分に合った働き方は?

data94.gif長期政権となった安倍政権ですが、在宅勤務者数を2020年までに全労働者数に対する割合で10%以上にすると発表したのは2013年6月のことです。

発表当時の在宅勤務者数は全労働者数の約4.5%。

この数を倍以上に増やすと宣言した結果なのかどうかはわかりませんが、少なくとも最近では「新しい働き方」という言葉を頻繁に見聞きするようになりました。

しかし、新しい働き方には少なくとも3タイプ存在し、その選択によって働き方は大きく変わってきますので、"新しい働き方" の具体的な方法を把握することが重要です。

今回の記事では、3タイプの新しい働き方「在宅勤務・在宅ワーク・フリーランス」の定義と、それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00010002-manetatsun-life

「今月のバイト求人サイトのランキングはこちら」


スポンサーリンク

関連記事

  1. ガンになった社員のためにフレックス制や在宅ワークを導入
  2. 子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」
  3. 安倍政権-在宅ワーカーを2020年までに10%以上にと発表
  4. 横浜ゴムが障がい者の在宅ワーク就労活動を開始
  5. トヨタ自動車は在宅勤務を導入することを発表
  6. 日本IBM、支払伝票の入力など経理業務を自動化
  7. ガイアの夜明け-文章タイピングの仕事
  8. クラウドソーシング「続けて利用したい」8割 市場拡大は確実か
  9. 数年後には日本で1800億円規模になると予想